記事一覧

☆日曜日☆

アップロードファイル 771-1.jpgアップロードファイル 771-2.jpgアップロードファイル 771-3.jpgアップロードファイル 771-4.jpgアップロードファイル 771-5.jpg

 秋の晴天の久しぶりに忙しい日曜日。

 まず、桂浜荘で地元の有志の皆さんと「タイムカプセル」を埋めました。

 10年後の自分に対してのメッセージをカプセルに入れて。浦戸城跡に埋める。46才の時に開けてみる。

 ワクワクします。御ぜんざい食べすぎました。

 続いて、「第40回少林寺拳法大会」に南街道院の顧問として来賓出席。

 礼儀・姿勢を重んじる沢山の拳士の皆さんに迎えられて会場入り。

 着席して、隣の隣にお座りに成られていた大会実行委員長から耳元で「高野さん。来賓の代表として挨拶をして下さい。頼みます。」と。

 少林寺拳法は練習に一度参加しただけの私。「やばいっ。」

 しかし、実行委員長の申し訳なさそうな表情と気持ちを察してありがたく受けます。

 迫力のある組手演武。カッコイイです。あれ?また写真がぼけている。(怒)

 続いて、高知大神宮の秋祭りに参列。

 「津野山 神楽」はじめて間近で見ました。素晴らしいです。

 続いて、上田貢太郎高知市議会議員の結婚披露宴。隣には尾崎知事、そして中谷元代議士。三人目に私も祝福の挨拶をさせていたただきました。

 上田先輩らしく、出席者への思考や配慮をされ、とても賑やかな大・大披露宴でした。

 おめでとうございます。

◆まっしぐらに「ポチっ」とお願いします。◆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

◆Twitterでリアルタイムに活動報告しています◆
◆ぜひTwitterでの「フォロー」をお願いします◆
http://twitter.com/takanokohjiro

★嶺北にて★

アップロードファイル 770-1.jpgアップロードファイル 770-2.jpgアップロードファイル 770-3.jpgアップロードファイル 770-4.jpgアップロードファイル 770-5.jpg

 昨日、真駆郎と二人で龍馬博のメインパビリオンへ。三連休の集客調査へ(いや、ただ行きたかっただけ。)

 すると高知県西部の若手有志の方々が、アユの塩焼き、かつおのたたきと露店を並べて元気よく売っていました。その中には昨年30才代で当選した大西黒潮町が自らハッピを着て地味にPR中。
 町長自ら頑張っています。
 しかし、どう見ても本当に普通の青年が売っているので町長とはだれも気づかないかもっ。しかし、そこは実直な大西さんらしい。
 三連休の最終日と言う事もあり、お客さんは少ない。残念。

 龍馬を発見。似てる。知り合いだったので抱いてもらって写真を。

 本日、嶺北地域へ。地元の方と一緒に「りんご狩り」+挨拶に連れて行っていただきました。

 高知県で「りんご狩り?」あるんです。
 二つの農家が広大な敷地で今の生産者が三代目で約55年、しかもその方が三代目とは結構歴史があります。
 
 お邪魔したのは、「湖畔りんご園」土佐郡土佐町地蔵地3143
 電話0887-83-0559 伊藤隆夫 さん。

 シーズンは8月20日~11月一杯。確か大人600円。

 品種は、ふじ・信濃スィート・津軽・紅王・紅将軍・ゆかり・あいかの香り・アルプス乙女 等豊富です。
 個人的にはりんごらしい酸味のきいた「紅王」が群を抜くおいしさでした。
 家族連れでも十分楽しめます。

 嶺北をぐーるぐる。日本の棚田100選にも選ばれている素晴らしい黄金の稲が風になびいている風景は、良い物です。

 ここまで、りんご、なす、ゴーヤ、米粉パンをゲット。大満足でしたが、帰りに「イモ掘っていく?」

 「掘っていきます。」と即答。たくさんいただきました。(笑)

◆まっしぐらに「ポチっ」とお願いします。◆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

◆Twitterでリアルタイムに活動報告しています◆
◆ぜひTwitterでの「フォロー」をお願いします◆
http://twitter.com/takanokohjiro 
  

★南国二輪愛好会★

アップロードファイル 769-1.jpgアップロードファイル 769-2.jpgアップロードファイル 769-3.jpgアップロードファイル 769-4.jpg

 10月9日と10日 鳥取県三朝温泉・境港 水木しげるロード行ってきました。

 実は、趣味のバイク。随分封印していました。

 4・5年前から「南国二輪愛好会」と言うチームに入っています。ご存じの方もいらっしゃると思いますが・・・。

 メンバーの95%以上が1.000CC以上のBMWやGW、ドカッティ、そして大半を占めるのが、ハーレーダビィットソン。今回は、サイドカーも5台参加。

 最高年齢78才を含め(一番下が私。そしてその次が確か49才?)、かっこいいオジサンチームで交通安全パトロールや県警との研修などまじめに活動をしています。
 
 メンバーとして議員時代には、全くと言っていいほどバイクは乗っておらず、最近まで車検が切れて放置状態の可哀そうな愛車(写真、二台の奥のスポーツスター1200S)でツーリングに参加できず、総会や飲み会だけ登場する不届きな私ですが、今回ツーリングに参加させていただきました。

 集合は、朝の6時、土砂降りです。中止なんて誰も考えていない熱いメンバーで電話の確認もせず集合。

 そして編隊を組んで出発。これだけの台数で走ると圧巻で通行人や対面車両からも注目の的です。

 もちろん、いやほんとに完全に法定速度です。法定速度で走るとこんなに燃費が良いとは初めて知りました(笑)

 土砂降りの中、雨具完全装備のはずが下着までびっしょり。皆さんも同じだったそうです。しかも路面が滑り、輪だちから抜けれず、瀬戸大橋では一番左はしを60キロくらいで走行していたものの、猛烈な強風にあおられ、あっという間に一番右はしで何とか踏みとどまり、最近にない心臓の活発な動きを感じながら、「車っていいなぁ、せめてサイドカーの助手席でもいい。」とつぶやき。

 メンバーの方は、皆「大人の大人」。
 一緒に一泊二日させていただきましたが、一言でいえばカッコイイ。

 とても楽しくかったです。ありがとうございました。

 尚、南国二輪愛好会はメンバー募集中です。お気軽に声をかけてください。

◆まっしぐらに「ポチっ」とお願いします。◆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

◆Twitterでリアルタイムに活動報告しています◆
◆ぜひTwitterでの「フォロー」をお願いします◆
http://twitter.com/takanokohjiro 
 

★土佐市にて★

アップロードファイル 768-1.jpgアップロードファイル 768-2.jpgアップロードファイル 768-4.jpg

 昨日は、土佐市に有志の方に挨拶回りに連れて行っていただきました。

 時間の制約がないため、一人一人とゆっくり話が出来ます。どんなお仕事をしているのかとても興味深い物です。

 今年の夏が異常に暑かったために、土佐文旦、水晶文旦、新高なし農家は、総じて今年は「不作」。近年でも、味、そして量も一番悪い。との生産者の悩みが溢れています。

 木綿工場では、木綿で包むメロンやぶどう等の不作でこちらも生産が減退。松・檜・杉のバリエーション豊富ながら、単価の安さに唖然。

 そう言えぱ、ある旅館業者に「景気が悪くなって今まで夕食に出していたメロンやぶどうなど高級フルーツをみかんに変えた。」と言っていたことを思い出します。

 時間があれば、話す。すると中には、なす・きゅうり・メジカとおみあげを結構いただきます。
 生鮮だけでなく、加工品も・・・。土佐市の「森澤食品」さんの海洋深層水使用の「ゆずさしみこんにゃく」絶品です。
 
 一度は遠慮するものの、すぐ喜んで「ありがとうございます。」「どう調理すれば一番美味いですか?」と満面の笑みでなります。

 多分、欲しそうな顔をしています。

 よる、20名近い方々にお集まりいただき、「反省会と激励会」。

 ありがとうございます。

◆まっしぐらに「ポチっ」とお願いします。◆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

◆Twitterでリアルタイムに活動報告しています◆
◆ぜひTwitterでの「フォロー」をお願いします◆
http://twitter.com/takanokohjiro

★街頭にて★

アップロードファイル 767-1.jpgアップロードファイル 767-2.jpgアップロードファイル 767-3.jpg

 10月2日 久々に自民党青年局・青年部で街頭演説を行いました。

「尖閣諸島中国船衝突事件」について。

メンバーは、中谷元代議士、福井てる代議士、桑名龍吾県議、そして私。熱く吠えました。

 尖閣諸島中国船衝突事件についての主張はそれぞれに少しずつ違います。
 情報をたくさん持っている他の三名の演説を聞いていると「そうなのか。」という気付きと学びにも出会います。

 しかし、「尖閣諸島等は日本固有の領土である。」という認識は同じ。

 私はこの件は、「事故」ではなく「事件」であるという事。海上保安庁の船二隻にそれぞれに中国漁船が体当たりした事実。限りなく故意であると考えます。

何故にそのような行動をとるのか?

 その真実を追求し、真正面から対応しないと日本は、今回の中国人船長の「処分留保の釈放」。そして一人残された「日本人拘留」のカードにより、将来にわたっての禍根にならないよう対応を求めます。

◆まっしぐらに「ポチっ」とお願いします。◆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

◆Twitterでリアルタイムに活動報告しています◆
◆ぜひTwitterでの「フォロー」をお願いします◆
http://twitter.com/takanokohjiro

★最下位の製造品出荷額★

県が昨日発表した2009年の工業統計調査で工業力の指数となる製造品出荷額等(1年間における製造品出荷額、加工賃収入額、その他収入額及び製造工程からでたくず及び廃物の出荷額の合計であり、消費税等内国消費税額を含んだ額である。)

2年続けて全国で最下位位となり、しかも前年より16.4%も減。
平成に入って5.000億円を初めて割ったとの事。

 製造品出荷額等の低迷は、私も県議時代から常に関心を持ち、非常に憂慮していました。

 全国的にもリーマンショック以降落ち込みが激しいとの事ながら、県政の経済政策の羅針盤とも言える2年目を迎えた産業振興計画に官民をあげて必死の努力を続けている事もありショックです。

 しかし、私はこの経済指標と今後の高知県像をこう考えています。

★以下、平成20年12月県議会での私の発言★

「私は、この産業振興計画を県勢浮揚の中の経済活性化と位置づけ、目指すべき目標は県内総生産と1人当たりの県民所得の向上だと思っております。

 そこで、成長戦略の目指すべき姿を平成23年度末、これは知事の任期でございますが、短期的な視点と、中期的なおおむね10年後に設定しておりますが、1人当たりの県民所得と総生産名目実数を見てみると、県民所得は全国平均298万円ですが、一昨日発表の最新の資料では、高知県は1人当たりの県民所得が45位、217万円、総生産が2兆3,102億円で46位。鳥取県は40位で231万円、2兆57億円で47位、島根県は35位で245万円、2兆4,970億円で45位。四国内では、徳島県が22位で276万円で2兆7,392億円で44位、香川県が31位で262万円で3兆6,610億円で37位、愛媛県が39位で236万円で4兆7,601億円で27位。

 経済別活動、産業構造により非常に複雑ですが、製造品出荷額や観光による経済効果が、県民が肌身に感じ、形に見える経済活性化に通じる本来の目標に必ず反映するとは言えません。
 
 集中的に投資をするとなると当然不利益な分野や産業も出てくるのではないかと心配しますが、どのようにとらえているのか、政策企画部長にお伺いをいたします。
 
 そして、短期的には、その目標を出して初めて、今後高知が目指すべき経済効果の高い分野・産業、守るべき分野・産業に、選択とまさに集中の投資と支援が総合的な経済効果に結びつき、中長期的には、内外的な需給を想定して場合により思い切った産業構造の転換や移行なども必要だと思います。つまり、成長戦略の戦略は、最終目標に対して経済活動の構造転換の上に、その根幹を支える農業産出額、漁業産出額、林業産出額、工業では製造品出荷額、商業では卸売業販売額、小売業販売額等、産業別・分野別の生産額、誘発効果の達成すべき数値があって初めて目標に挑戦ができるのではないでしょうか。
 
 私は、観光部や森林部の数値目標を設定したこと自身は評価をいたしますが、その数値を達成するための施策や事業は、その分野や関連業種の一部の経済浮揚の一手段であると考えます。その手段を県が支援することにより、官と民で着実に成果を上げ、目的である各産業別生産額をはかり、それがどのように県内総生産や県民所得に反映するのか。また、今後の県内外、国内外の需給をとらえ、どの分野、産業に行政として支援をし、構造を転換することにより持続可能な高知県を描こうとしているのか、その旗が見えないのではないかと思います。
 
 今回の計画策定の前段で、高知県の置かれている厳しい現状で最初に貧弱な製造品出荷額等の数値が出て、計画自体も製造品出荷額の向上を中心に県が一体となり取り組む、産業間連携テーマの食品加工、販売促進(地産地消)、食育として、1.5次産業の底上げとして生産・加工・流通・販売を見直し、各部でも製造品出荷額の底上げを目標として視野に入れています。他県と比べ極端に弱い製造品出荷額を伸ばし、大都市圏を中心に販売促進を図り、外貨獲得という趣旨はよくわかりますが、製造品出荷額や観光については47都道府県がそれぞれに熾烈なしのぎを削っており、平成19年工業統計調査(速報)のデータでは、本県の製造品出荷額等が46位の5,955億円。45位の鳥取県は1兆1,386億円、44位の島根県が1兆2,015億円と、本県よりすぐ上の県に倍以上離されています。しかし、鳥取県や島根県が高知県の倍の所得をもって倍のいい暮らしをしているかといえば、そうではありません。
 それぞれの分野、産業別の経済効果と県全体の県内総生産の結びつきをどうとらえ、どの分野や産業を伸ばすことが全体の底上げになると考えているのか、政策企画部長にお伺いします。
 
 今回の計画の製造品出荷額を構成する中で最も重要視している「食」。食品加工による食料品の製造拡大、付加価値を高め、外貨を効率的にそれぞれに還元する戦術と心得ますが、経済活動別県内総生産の資料では、5位の製造業の生産額は平成17年で2,770億円、総生産の10分の1で、そのうちの食料品は343億円で県内総生産の1.4%しかなく、外貨獲得の有効手段として強化すべきでありますが、相当のレベルアップが必要であり、どのように取り組むのか、商工労働部長にお伺いをいたします。
 
 県が2005年に推計した資料には、労働力人口、15歳から65歳までですが、2000年には41万6,000人が2030年には34万人。2000年から2030年には総生産が20%減り、県民所得も2000年には311万円あったものが2030年には287万円。県内の小売業も県民の消費が8,700億円から7,000億円になっていると推計されており、推計方法が異なっても、実態に近い県民経済計算とは乖離し過ぎです。計画を策定する上で、将来の経済推計を大都市の人口減少や消費の停滞等を含め、出すべきだと考えます。このままでいけばどうなるのかというリアルな状況や未来を県民と共有することが計画策定の出発点であり、計画実施のエンジンであると考えます。
 
 次に、観光部は平成23年までに観光客を400万人強、消費額を1,000億円、森林部は原木生産量を2018年までに現状の1.5倍に、製材品生産量では5万立方メートル増の36万立方メートルを目指すとしています。わかりやすく、事業の成果や検証もできると思いますが、これらは各部関連の生産額の一手段であり、目標ではありません。逆の発想で、この手段を達成した場合の部門別の生産額を設定し、それぞれに取り組む事業がどれぐらいの成果を上げるかを想定することで、その施策や事業の実効性をもとに目標を設定すること、例えば順序でいうと、生産、加工、流通、販売となり、その根幹をしっかり対策しないと、その後のプロセスは成り立たないと考えます。
 計画の具体的な「これからの対策」とした施策の実効的な推進により、直接的、間接的、誘発的な目指すべき数値を設定して、各部の生産額を設定し目標につなげることのほうが実効的であると考えますが、政策企画部長にお伺いをします。」

 以上です。

 しかし、あれから2年。益々、日本の経済は落ち込み、出口が全く見えない状況です。
 さらに益々、市町村や都道府県だけの努力では何ともしがたい状況を感じえません。

 しかし、私はこの計画の策定年次に県議会で産業経済委員長をさせていただき関連条例や予算を審議してきました。
 この計画は、単に製造品出荷額等を追い求めているのではなく、長らく続いた、高知県の競争力の弱さの根幹である産業インフラの整備と産業人材の育成、養成が最大のミッションであると心得えてその体力づくりにも十分貢献できる。と支持してきました。

 「地域(地方)が元気になれば、日本が元気になる。」それだけでは到底、改善されない状況に改めて、国の中長期の経済戦略と国際情勢を見極めが国政で必要不可欠であり、役割と責任を明確にした国と地方との関係を確立し、連携が必要と再確認をする今日この頃です。

◆まっしぐらに「ポチっ」とお願いします。◆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

◆Twitterでリアルタイムに活動報告しています◆
◆ぜひTwitterでの「フォロー」をお願いします◆
http://twitter.com/takanokohjiro 

★評論家★

 昨夜、ある企業の主催で高知市内で「経営セミナー」があり、参加させていただいた。

 講師は、三宅久之氏 。テレビでもおなじみの政治評論家。
 実は、私はあまり抽象的な題名や専門性を有していない講師の講演は進んで聞くことはありません。

 どうして? わだかまりを覚えるからです。心に残らない、そして活かせれない講演は、雑学にしかならないと思うからです。もちろん雑学が必要な時もあると思いますが・・・。

 聞く側が学ぶ姿勢、学習する姿勢、そして調べてみよう、やってみようと思え、能動的に自身で活かせる講演に出会えることが幸せだと思います。

 昨日の講演。はっきりと「政治評論家」と言う職業に疑問を感じました。

 確かに今まで他の政治評論家の講演も聞きましたが、ふと振り返ると自分が政治家になる前の方が多かったと思います。

 勿論、今でも聞きに行くことはありますが、題名が明確であったり、講師の専門性、聞き手の職業や専門性に限られたものを選んでいたと思います。

 さて、講演では、「激動する政局を読む」として、ハーバード大学のマイケルサンデル教授の学生から大人気の白熱講義の紹介から、尖閣諸島問題の那覇地検の次席検事の中国人船長の釈放について日中関係の配慮を理由に挙げた件についての越権行為についての話。

 ここから題名ごとく、大阪地検特捜部の押収資料改ざん問題と併せて「おそらく大林検事総長まで責任が及ぶだろう・・・。」と。

 参加している方のほうがよっぽど新聞や色んな情報を精査しているだろうと思いした。

 私が個人的に聞きたかったのが、

・今回の事件の背景にある中国の海洋軍事戦略(リュウカセイ海軍提督構想)との関連性は?

・中国漁船の英雄視されつつある船長は、本当に民間人(軍人では?)なのか?

・海上保安庁側に事故前後のビデオがあると言う事だが、中国側の自作自演の可能性など。

・円高、株暴落に歯止めがかからない日本、そして対中をはじめ、外交姿勢が全く定まらない民主党政権に付け込んでの日本の追い落とし戦略?
 世界最大輸出国の中国が最大輸入国の我が国へのレアアースの禁輸など。

・尖閣諸島と北方領土等、領有権についてのロシアと中国の対日への共同歩調姿勢により、どのような影響がでるか?竹島の韓国は?
 
 そして反対に同じく領有権争いで中国がもっと強健な姿勢を取っているフィリピンやインドネシアそしてベトナムは、米国への救いを求めているが日本はどうするべきか?

・ASEMで菅総理が取るべき、外交カードは?
・中国はどう出てくるか?米国は?

などなど全くと言って出てこない。「ムラムラ。」

 そして、菅総理についてはその生い立ちから「どちら側と言うと左。その時々に右になったり、左になったり。ブレる。」と、

海江田氏(経済財政政策科学技術政策宇宙開発担当)については「バブル崩壊後に最も(投資を)あおった愚かな評論家。」とこき下ろしての話し。

 そして「民主党の経済政策は内需ばかりで経済成長は見込めない。」

高野「・・・・?そんなことは分かっている(怒)。じゃあどうすればいいと思いますか? 外需拡大政策は確かに必要大。しかし、その前に円高とデフレ経済を脱却しないと日本製品が売れない。
 現に韓国企業に家電は抜かれている。日本企業の海外流出も止まらない。参院選での自民・民主のマニフェストでの法人税の減税政策についての評論は?」

 この二つの質問をしょっぱなでさせて頂こうと準備万端。

 しかし、講演が終わると質問タイムなし。そして拍手ですぐ会場を後に・・・。

 仕方がないか?テレビを見てても同じくイライラする。

 いや。そもそもこれが評論家と言うもの?けど影響力を考えれば心配になる。
 
 しかし、この講演に参加できるチャンスをいただいたからこそ、改めて事実と真実を探求・精査する大事さや、政治家として演説で「聴衆」訴えかける中身の大事さとそして行動力を伴う政治姿勢の確立を反面教師で確認することが出来ました。

 尖閣諸島問題、たくさんの政治家が深く探求し、細かく適正な対応方法やとるべき日本の姿勢等について持論を述べています。読むと非常に勉強になるものも沢山あります。
 
  しかし、中国が70年前から国家戦略として描いて行動し続けている現実を直視したうえでの持続す可能な長期的な日本の立ち位置についてしっかりと描き、国家創造をして頂きたいし、するべきと考えます。

 テレビのワイドショーは、早くも話題が大々的に「北朝鮮統制の人事」に移っています。

 今回の尖閣諸島の問題を風化させる事は、自国繁栄の為だけに熱心な国々からすれば正に思う壺になってしまいます。

 世界中の政治家の考え方や国々の情勢などなどあらゆる情報がテレビや評論家の情報より、正しいと思える情報が正確にスピーディーに取り寄せられる時代。

 有権者が選ぶ政治家の資質を見抜くために「演説」の重要性も再認識します。

 今の子どもたちが「日本に生まれて良かった。」「家族や人や、地域、祖国、世界に貢献したい。」と思えるような日本が再生できるかどうか?

それがすぐ近くの日本の将来となります。本当に大事な時です。


◆まっしぐらに「ポチっ」とお願いします。◆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

◆Twitterでリアルタイムに活動報告しています◆
◆ぜひTwitterでの「フォロー」をお願いします◆
http://twitter.com/takanokohjiro 

★自衛隊 視察★

アップロードファイル 764-1.jpgアップロードファイル 764-2.jpgアップロードファイル 764-3.jpgアップロードファイル 764-4.jpgアップロードファイル 764-5.jpg

 今日は、9月も下旬になって34度と言う猛暑日。

 自民党女性局主催でバス2台80名で、平成21年から香南市香我美町上分に配備された陸上自衛隊第50普通科連隊の視察見学に行ってきました。

 当初は、お見送りのみさせていただく予定でしたが、自衛隊の施設の整備に関わる予算も県議会で議論もさせていただいた事もあり、一緒に同行させていただきました。

 この普通科連隊の誘致に関しては、当時から様々な方がご努力を続け、約600名の隊員と家族も含めれば数千名の誘致に成功し、香南市の小学校は1クラス増やしたと聞き及んでいます。

 防衛だけではなく、南海地震等の有事にも迅速な対応が期待できますし、自衛隊自身が住民との交流を積極的に展開しています。

 敷地は東京ドーム3個分。そして25年には射撃場も配備される予定です。

 米軍の基地には再々、視察に行った経験はあるものの、陸上自衛隊自衛隊の施設は初めてでした。

 施設を視察しているうちに、女性局の皆さんから活発に質問が隊員にされます。質問の中にはお答えできないような機密事項もあったようで隊員の方は、苦笑いしながら四苦八苦のようでした。

 施設内に病院、コンビニ、理容店そして簡単な居酒屋と決して豪華とは言えませんが、生活は十分にできます。

 昼食は特別に野外で隊員による炊事班に作って頂きました。

 炊飯車1台で200名分の食事が作れるそうです。

 メニューは写真通り、酢豚。隊員の方々が4班に分かれて調理をしてくれ、女性局から選ばれた味見審査により4班の順位が決まりました。自衛隊らしい。

 酢豚は好評でした。

 施設を見学して改めて自衛隊の必要性が実感できました。

 記念撮影。高知県の衆議院選挙区1区~3区(すべて自民党の衆議院議員)に別れて撮影。
 皆さんからお声をかけていただき、すべての記念撮影に入り込みました。

 女性局の皆さんから次に向けての様々な激励とアドバイスを頂き、楽しく有意義な時間を共有させていただきました。

◆まっしぐらに「ポチっ」とお願いします。◆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

◆Twitterでリアルタイムに活動報告しています◆
◆ぜひTwitterでの「フォロー」をお願いします◆
http://twitter.com/takanokohjiro 

★トップを決める選挙★

  今日で一年続いた民主党政権。そして一昨日の民主党代表選挙。

 一昨日両候補の演説を聞いてみました。

 政党の代表選挙と言えども内閣総理大臣が決まる選挙であり、情報が不足しているため、コメントしないようにしていましたが、ある意味歴史的な選挙であるので感想を書き残したいと思いました。

まず、演説。
 「夢」を語ることは良いと思います。
 どういう国にしたいのか? それを達成するために何をしようとするのか?と言う事は限られた時間制限もあり、抽象的なイメージを持ちましたが、有る程度力がこもっていた感じがしました。
しかし、それよりもそれらが達成できれば、国民の生活や社会システムはどう変わるのか?
 そして50年後、100年後まで行かなくとも10年後にはどういう国家にするのか?
 が非常に分かりづらかったと感じます。

 そして自民党総裁選では、候補者のほかにそれぞれ応援弁士が推薦する理由を演説しますが、候補者の客観的な評価も聞きたかったです。

★昨年の自民党総裁選関連★
↓↓↓
http://www.kohjiro.jp/blog/diary.cgi?no=536

 次に、県内の民主党の党員・サポーターが高知1区で926名で2区337名、3区390名と言う事を初めて知りました。

 代表選前から
「3か月前に選んだ首相を又、変えたら外国にも恥ずかしい。」
と報道や政治バラエティーは発信し続けて、世論調査に大きな影響があったと感じます。
 
 党員サポーターで5倍近く菅さんが獲得したことにも影響があったと思います。
 (小沢さんが良いと言うわけではありません。)
 
 経済対策を始め、将来に関わる喫緊の課題が山積であり、国会運営も困難が予想される中で、単に「政治主導を力強い政治手腕を持つ方に」で良くなる保証と期待は持てないと思います。

 菅さんが再任され昨日、6年半ぶりに外国為替市場で「円売りドル買いの為替介入」をしました。

 規模は明らかになっていませんが1兆円から2兆円規模と報道され、日本国単独の介入。サプライズ、菅さんの指導力の発揮と是非に別れて報道されています。が、そもそも一日に300兆円近いお金が動くと言われる為替市場でどれほど効果があるのか?
どれだけ持続するのか?
どのように推移して行くのか?
今後どのような手を打つのか?
円相場はドルだけではなく、ウォンや人民元など何円が日本の産業構造の現状や、民主党政権が掲げる新成長戦略に良いのか?

 全く見えないのが残念ですし、政府に戦略と戦術が伴っているのか疑問です。少なくとも新興国や他の先進国では国家レベルの戦略と戦術を実行し、日本の一人負けの現状を作っているのではないでしょうか?
 
 あらゆる英知を結集し、政策判断に責任を持ち、説明責任を果たし合意形成に努力し、行動力を持って日本を引っ張る覚悟を持ち続けてほしいです。
 こういう状況に対応できる首相を望みます。

コメンテーターや政治家の一部が言う、
「3か月前に選んだ首相を又、変えたら外国にも恥ずかしい。」
と支持する理由に挙げたり、あたかもそれが正しい常識のように全く言われる事が理解できません。
 
 さらに小沢さんが負けた後、すぐに話題は
「民主党分裂」をしつこく聞いてあおるマスコミ・・・。
私でさえ、今は挙党一致で与野党含めた議論を活発にし、政治を前に進めるべきだと強く願います。

 又、「小沢氏をしかるべきポストにすべき」。
その理由を「党内融和」と発言している国会議員。
「将来に責任を持つ政治」とは無縁であると感じます。

 ところで、民主党代表が決まった同じ日にもう一つのトップを決める選挙に注目していました。

 親友の横山公大君http://465717.blog77.fc2.com/ (中学の同級生、私の県議時代の後援会代表)が

 全国旅館・ホテル生活衛生同業組合(2万件)の全国青年部長として、各都道府県の青年部長の投票により25票対21票の選挙を勝ち抜き、今までで最年少、高知県から初と言う、快挙を成し遂げました。

 ★全旅連ホームページ★
  ↓↓↓
http://ajra.jp/senkyo.html

 身近で大きく活躍する親友がいることは幸せです。


◆まっしぐらに「ポチっ」とお願いします。◆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

◆Twitterでリアルタイムに活動報告しています◆
◆ぜひTwitterでの「フォロー」をお願いします◆
http://twitter.com/takanokohjiro 

★地引き網初体験★

アップロードファイル 762-1.jpgアップロードファイル 762-2.jpgアップロードファイル 762-3.jpgアップロードファイル 762-4.jpgアップロードファイル 762-5.jpg

 昨日は、一寿司会館のパスを借り切って「自民党高知県第一支部
青年局」主催の地引き網大会に仲間を連れて参加してきました。

 海釣りが大好きな私ですが、地引き網は初めてです。大きめのクーラーボックスを持って出陣。

 天気は熱すぎる快晴。

 一路、旧赤岡町へ。観光地引き網・・・。あまり期待が出来ないと思いつつも、沖合の3キロ先から網を仕掛けているという話を聞いて胸が高鳴ります。

 きれいな砂浜に巻き上げ機を搭載した2台の改造トラクターが最初のうちだけ網を引っ張ってくれますが後は手作業。

 みんなで元気に引っ張ります。

 重い・重い。

 網が近付くにつれて最先端を陣取る私、「魚影が少ない」と我先に感じて「やばい」もう一度と思ってるのは私だけで・・・。

 皆の力で引き上げられ写真の通り。

 しかし皆は笑顔が溢れていました。

 その後、一寿司会館で懇親会。小魚がドロメになりました。

 とても楽しい1日でした。

 バスで高知市の中心街に帰り、バスから降りると太陽の暑さ、路面からの照り返し、異常な暑さに少しだけしびれを感じました。

 海の魚も海水の温度が上がっていて、深いところに魚が逃げている。という猟師さんの言葉を思い出しながら。

 皆さんも十分にお気をつけください。

◆まっしぐらに「ポチっ」とお願いします。◆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

◆Twitterでリアルタイムに活動報告しています◆
◆ぜひTwitterでの「フォロー」をお願いします◆
http://twitter.com/takanokohjiro