記事一覧

★ヒーロー?★

 県内各地で色んな方とお話をさせていただくとやはり話題は、「尖閣諸島事件の映像流失事件」が圧倒的に多い?そんなことありません。

 ちりめんじゃこを生かした地域の活性化や、年内の各地域のイベントへの準備や期待、観光、第一次産業についての話題が私の前では圧倒的に多いんです。

 しかし、新聞の一面には連日この話題ばかり。
 twiterも。ニュースも。ワイドショーでは、流失した海上保安官をヒーロー扱い。「国民の多数はこの職員罪にしないでとか、皆が知りたがっているから良くやった。とか海上保安官を支持している国民が多数など」としています。

 先日の国会でも賛否両論。

 少し、私の考えを示しておきたいと思います。しかし、私に入る情報源の大半がメディアですから、情報不足である事も認めて1国民としての意見は。

 映像を流失した海上保安官をまったく「ヒーロー」とは思いません。

 理由

 そもそも、中国人船長の釈放、ビデオの機密性レベルのあいまいさ、ビデオの管理のずさんさ、一部国会議員だけのビデオ公開のルールの矛盾などなど、これらの責任はすべて外交に対しての政府の無策、意識の軽さが招いた主権国家としての日本を将来に悪影響を及ぼす対応である事は政府の責任であり、許し難いです。

 しかし、このビデオが「機密にあたるのか?守秘義務に値するのか?」などこれからの協議との事ですが、この流失させた海保職員の「国民に見せたかった」と言う気持ちは分かりますし、私自身も見たいと言う気持ちはありました。

菅内閣のビデオ非公開は、まったくの反対です。

 又、民主党政権の柱のない、場当たり的な外交について広がるさまざまな我が国への悪影響は、大変な憂慮と共にビデオを公開して国民に判断をしてもらう事が大事であると思います。

 しかし、政権は民主党。民主党に対しての不信があっても日本国の政府です。

 本当に海上保安庁の職員が勝手に流出を判断し、実行したことを許せば、国や公の信頼性、国家の後退的な崩壊を招きかねません。 
 公開を決めるのは、国民から選ばれた議員、政権、政府の判断であり、正に「政治判断」です。

 重大な案件を勝手に個々の公務員が勝手に判断し、行動をとることを許せば、この国の民主主義は崩壊し、国民の安全と国家の秩序は保てません。

 繰り返しですが、尖閣諸島事件の政府の対応は許せません。しかし、それとビデオ流出は別問題です。

 もし、本当にこの国を憂い、そして命をかけて治安維持の責務にあたっている海保の事を思い、必死の覚悟での行動なら「偽名や年齢偽装」は必要ないのではないかと思います。

◆まっしぐらに「ポチっ」とお願いします。◆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

◆Twitterでリアルタイムに活動報告しています◆
◆ぜひTwitterでの「フォロー」をお願いします◆
http://twitter.com/takanokohjiro 

 さらに

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.kohjiro.jp/blog/diary-tb.cgi/782

トラックバック一覧